豊富な品揃えの広島信用金庫

広島信用金庫の商品とサービス

広島信用金庫の外貨預金

広島信用金庫では円預金商品だけでなく、外貨預金も利用することができます。外貨預金とは円貨を外貨に交換して預ける預金商品です。運用する外貨の種類によって店頭表示金利が異なりますが、基本的に円預金商品よりも高金利な場合が多いため、投資信託や個人向け国債のような金融商品と並んで資産運用に人気があります。さらに円貨と外貨を交換する際、双方の通貨の為替相場の差によって為替差益もしくは為替差損が発生するため、上手く運用すれば利息と為替差益という2種類の利益を得ることができます。

広島信用金庫では米ドル、ユーロ、豪ドルという3種類の外貨で外貨預金を利用することができます。いずれも人気の高い国際通貨で初心者にもオススメです。とくに米ドルと豪ドルは円預金商品に比べて高金利なので、より効果的な資産運用を目指す利用者に人気があります。外貨にはこれら以外にも人民元や英ポンドなど様々な種類がありますが、そういった外貨を運用するには証券会社のような金融機関と取引する必要があります。

広島信用金庫では外貨普通預金と外貨定期預金を利用することができます。円貨と外貨を交換して運用するという点以外は円普通預金や円定期預金と同じで、外貨普通預金はいつでも自由に入出金することができ、外貨定期預金は満期日まで払い戻しができません。そのため初めて外貨預金を利用する際は外貨普通預金から始めると安心です。外貨預金は払戻時の為替相場が預入時よりも円安になっていれば為替差益が発生してお得になりますが、いつでも入出金できるという外貨普通預金の特徴を活用すれば、初心者でも確実に円安のタイミングで払い戻しできるのです。

外貨預金はお得な一方で、相応のリスクがあります。たとえば外貨預金は預金保険制度の対象外なので、万が一広島信用金庫が経営破綻しても預金が保護されません。さらに元本保証の商品でもないため、為替差損が発生すれば簡単に元本割れしてしまいます。そのため円預金商品に比べると、預金を失うリスクが高いです。上手く運用して為替差益を得られたとしても、円貨と外貨を交換する際に所定の手数料が発生するため、利益が目減りしてしまうデメリットがあります。